ウォーキングはボケ防止になる!?

週刊誌に興味深い記事が載っていたのでご紹介を

ゲームで大ヒットの、あの「脳トレ」より、ボケ防止にはウォーキングが効果的とのこと。抜粋すると…

「運動不足ぎみだが健康体の高齢者124人を任意に集め、二つのグループに分けて6ヵ月のあいだそれぞれ別のエクササイズをしてもらった。すると、そのうち、脳の血流増加に効果がある有酸素運動ー毎週3時間のウォーキングをしたグループの認知能力のテスト結果が大幅に向上したのだ。」

「それだけではない、毎週3日に1度45分だけウォーキングをした高齢者は、ストレッチングとトーニング(発声気功)のグループにくらべて、前頭部の脊髄灰白質が減少していなかったのだ。」  週刊文春2月3日号より

灰白質とは、辞書によると「脊椎動物の、主に神経細胞からなる中枢神経の組織。大脳や小脳では皮質、脊髄では神経繊維の束で構成される白質に囲まれた髄質部。」だそうです。

この脳脊髄灰白質は、一般的に年齢を重ねるごとに減少し、それが認知能力低下の原因のひとつになっているとのこと。

結論として、毎週3時間のウォーキングが、脳の血流を増加させたり、脳脊髄灰白質が減ることをおさえることで、ボケ防止に効果があるということです。

なぜ、この記事が目にとまったかといいますと、私が毎日ウォーキングをしているからです(笑

ボケ防止で始めたわけではないですが、こんなスゴイ効果があるなら、寒い朝に起きるのも苦になりません

といいたいところですが、今週末にまたもや寒波が
春が待ち遠しいこの頃です…

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. ぼけ老人 より:

    何となく暇なのでウォーキングをはじめたばかりです。ウォーキングにそんな力があるとは!がんばろうという気になりました。

  2. 店長 より:

    こんにちは、店長の中島です。
    コメントありがとうございます。
    ウォーキングは絶対おすすめですよ!
    ボケ防止だけでなく、体の機能が改善します。
    僕は毎日お酒を飲むのですが、以前は肝臓の
    γGTPの数値が90もあったのですが、ウォーキングを
    始めてからは、40~50前後に安定しています。
    とにかく体の調子がよいです。
    よい気候になりましたから、これからも続けて
    みてください。

コメントを残す

*