インフルエンザがはやっているようですね

インフルエンザは高熱がでます。虚弱体質の方やお子様お年寄りは肺炎などを併発することもあるので、充分に気をつけてください。

高熱がでて一番に気をつけることは、水分を充分に取ることです。

昔は「食欲がなくても、食べて栄養をつけなくてはダメ」と、よくいわれてましたが、現在はふだんの食生活から栄養は足りている方が多いので、それほど食事に関しては心配しなくて良いそうです。

しかし、熱の放散は体の中の水分を、汗として発散することでおこなわれているために、高熱時には水分の補給を充分にする必要があります。

とくに、子供さんの場合は脱水症状を起こしやすいので気をつけてください。水分といえば冷たい飲み物が思い浮かびますが、おすすめなのは

●薄いスープ ●みそ汁のうわずみの汁

なぜかというと、体内の生理的な水分と性質が近いので、体力が弱った体にも無理なく受け入れられるからです。

インフルエンザは風邪とは違い、ウィルス性のものですからかかってしまったら無理をしないで、病院に行きましょう