2009年 1月 の投稿一覧

心もカゼをひく?

インフルエンザに関するニュースが増えてきましたね
マスクや手洗いなど、基本的な予防はお忘れなく。

しかし、病気になるのは体だけではありません。

過剰なストレスなど、心に疲労がたまることで「うつ」になることも…

警察庁の発表によれば、自殺者は10年連続で3万人を超し、2007年度は60歳以上と30歳代は過去最多だったそうです。

原因として多いのは健康問題で、そのなかでも「うつ(気分障害)」がもっとも多く、
6000人を超えているとのこと。

この数字からも、うつは心が弱い人や特殊な人がかかる病気ではなく、現代のような社会環境では、誰でもうつになるリスクがあると考えられています。

体がカゼをひくように、うつ病は「心のカゼ」と考え「最近おかしいな…」と思ったら、早めに専門の医師に相談しましょう。

ちなみに「うつ」かどうかを判断するおおまかな目安としては

何もする気が起こらない、という状態が二週間以上も続く。

うれしいこと、楽しいことがあっても気分が晴れない。

不安やあせりが消えず、仕事に集中できない。

倦怠感や食欲不振が長く続く。

などといわれています。

うつになるきっかけは、さまざまですが気の持ち方で少しでも楽になることもあります。

こんな話をごぞんじですか?

【一休さんの遺言】

一休さんが亡くなるときに、不安がる弟子たちに封書を渡し、「この先、ほんとうに困ることが起きたら、これを開けなさい」と言い残したそうです。

数年後に寺に大変な問題が起きたとき、弟子たちが集まって、その封書を開けてみるとそこにはある言葉が書いてありました。

それを見て、弟子たちは大笑いのうちに落ち着きと勇気をとり戻し、難問を解決できたとのこと。

その言葉とは…

「大丈夫、心配するな、なんとかなる」

ちなみにこれは創作という説もありますが、時には「なんとかなる」という開き直りや、楽天的な気持ちが必要だと思いませんか

乾燥肌の方は食事も気をつけましょう

1月5日は小寒でしたね。そろそろ冬も本番でしょうか。

さて、この季節は外も室内も乾燥しがちのため、肌には辛いときです。
うるおいがなくなるため、乾燥肌になりやすく、かゆみも出やすくなります。

予防のためには、部屋を加湿するとかクリームで肌を保湿するなど、いろいろと工夫されていると思いますが、乾燥肌の方は食べ物にもお気をつけください。

寒いときには、やっぱり鍋料理。
から~いキムチ鍋とか、薬味をたっぷりきかせた鍋など、からだが温まります。

しかし、唐辛子やニンニク、しょうがなどの辛いものを多量にとると、汗がたくさん出ることで、皮膚の炎症やかゆみの原因になることも。

また、ほうれん草、なす、里芋などにはヒスタミンや、それに似た成分が含まれているので、過剰に取ると肌のかゆみを引き起すといわれています。

アレルギー体質の方や、くしゃみ、吹き出物が出やすい方はなるべくひかえたほうがいいようです。

ちなみに、ビタミンCが豊富で美容によいといわれるイチゴやトマトも、ヒスタミンをからだの外へ出してしまう働きがあるので、食べすぎは禁物だそうですよ。