2011年 1月 の投稿一覧

ウォーキングはボケ防止になる!?

週刊誌に興味深い記事が載っていたのでご紹介を

ゲームで大ヒットの、あの「脳トレ」より、ボケ防止にはウォーキングが効果的とのこと。抜粋すると…

「運動不足ぎみだが健康体の高齢者124人を任意に集め、二つのグループに分けて6ヵ月のあいだそれぞれ別のエクササイズをしてもらった。すると、そのうち、脳の血流増加に効果がある有酸素運動ー毎週3時間のウォーキングをしたグループの認知能力のテスト結果が大幅に向上したのだ。」

「それだけではない、毎週3日に1度45分だけウォーキングをした高齢者は、ストレッチングとトーニング(発声気功)のグループにくらべて、前頭部の脊髄灰白質が減少していなかったのだ。」  週刊文春2月3日号より

灰白質とは、辞書によると「脊椎動物の、主に神経細胞からなる中枢神経の組織。大脳や小脳では皮質、脊髄では神経繊維の束で構成される白質に囲まれた髄質部。」だそうです。

この脳脊髄灰白質は、一般的に年齢を重ねるごとに減少し、それが認知能力低下の原因のひとつになっているとのこと。

結論として、毎週3時間のウォーキングが、脳の血流を増加させたり、脳脊髄灰白質が減ることをおさえることで、ボケ防止に効果があるということです。

なぜ、この記事が目にとまったかといいますと、私が毎日ウォーキングをしているからです(笑

ボケ防止で始めたわけではないですが、こんなスゴイ効果があるなら、寒い朝に起きるのも苦になりません

といいたいところですが、今週末にまたもや寒波が
春が待ち遠しいこの頃です…

死因の1位は男女とも悪性新生物!

先日、会社に健康診断の案内がきていました。

こういうお知らせがないと、なかなか行く機会を逃してしまいますね

ところで、厚生労働省が発表した2009年の統計によると、死因の1位は悪性新生物で約34万人。これは全死亡の30%にもなるそうです

正確には、男性が33.9%で女性は25.9%と男性が若干多めです。

ちなみに男性の場合、2位の心疾患が約8万5千人ですから、その差は2倍以上と驚きの数字です。

悪性新生物とは、一般的にはがんといわれていますが、悪性リンパ腫、白血病などの血液のがんや骨肉腫、筋肉腫なども指します。

これを男女別、部位ごとに表わしたものが次の表です。

男性の場合

順位 部位 死亡数(人)
1 気管、気管支および肺 49,035
2 32,776
3 大腸 22,762
4 肝および肝内胆管 21,637
5 膵臓 14,094
6 前立腺 10,036
7 食道 9,908
8 胆のう 8,598
9 悪性リンパ腫 5,582

女性の場合

順位 部位 死亡数(人)
1 大腸 19,672
2 気管、気管支および肺 18,548
3 17,241
4 膵臓 12,697
5 乳房 11,918
6 肝および肝内胆管 11,088
7 胆のう 9,001
8 子宮 5,524
9 卵巣 4,603

男女特有の症状もありますが、1位~3位までは入れ替わっているだけです。
男性1位の気管や肺に関しては、喫煙との関連があるのでしょうか

今や、亡くなった方の3人にひとりが、がんという時代。

定期健診や生活習慣の改善で、早期発見、早い処置を心がけたいですね。

カリカで疲労回復が期待できる!?

明けましておめでとうございます!

今年も、みなさまの健康に役立つ情報を提供できればと
思っています。どうぞよろしくお願いします

さて、新年第1回目は、当店イチオシのサプリメント
カリカセラピ PS501の研究報告を。

昨年12月に、メーカー(株式会社済度)の研究報告で、カリカに
抗疲労効果が期待できるかもとの話がありました。

研究のテーマは
「パパイア発酵食品(カリカ)の抗酸化作用と人の皮膚温度に対する効果」
というもの。

詳細はこちらでご覧いただけます。

シャチョーのブログ

簡単に説明しますと、10人の方にカリカセラピを食べて
いただき、30分、60分、90分、120分後の状態を観察。

すると、30分経過後から全員の血流がよくなっていて、
皮膚の温度も上がっていた
そうです!

そのときの、サーモグラフィーがこちら
blog-0106

ほんと、ぜんぜん違いますね…

ちなみに、今回のように10名という小人数で全員に
このような結果がみられることは少ないそうです。

これからも、いろんな研究を進めていくようなので、
どんな結果が出るか、楽しみな健康食品です

当店では、無料お試しサンプルも用意していますので、
興味がおありの方は、ご連絡ください