2012年 7月 の投稿一覧

熱中症対策には、正しい水分補給を!

やっと梅雨が明けたと思ったら、連日猛暑が続いてます
節電とはいえ、ついエアコンのリモコンに手が伸びてしまいますね…

お子さんや、年配の方は無理をせず熱中症対策をお忘れなく。

熱中症対策で必要なことは、水分の補給。
脱水症の予防が大切です。

脱水症というのは、体に必要な体液が不足した状態のこと。

汗などで失っていく水分量よりも、体内に補給する水分量が少ないと「脱水症」が
起きやすくなります。ちなみに「脱水症」は、水分不足だけではなく、体液に溶けて
いるナトリウムやカリウムなども失われた状態のこと。

ナトリウムなどの電解質には、神経、骨、筋肉、臓器の機能を正しく保つ重要な
働きがあため、不足すると命が危険な状態になることも

■ かくれ脱水症とは?

自覚症状のない脱水症の初期状態をかくれ脱水症と呼びます。

脱水症は進行するまで、症状が出にくいのが特徴で、本人や周囲がそれに
気がつかないため、対策が遅れることがあります。

■ これが脱水症の症状!

水分が失われると、血圧が下がったり、老廃物を排泄する能力が低下します。
また、脳の血流が減ると集中力の低下や、めまいや立ちくらみが起きることも。

次のような症状が脱水症の特徴です。
  
・強い喉の渇き
・食欲減退
・全身倦怠感   
・脱力感
・めまい、立ちくらみ
・強い頭痛
・尿量の減少
・便秘
・唇や肌の乾燥
・吐き気  
・筋肉がけいれんする

  
■ 脱水症の重症度は、体重の減少率が目安

・軽 度 →体重減少が1~2% (軽い下痢、嘔吐、微熱)
・中 度 →体重減少が3~9% (血圧低下、臓器の血流低下)
・高 度 →体重減少が10%以上(心臓、腎臓、呼吸不全)

■ 脱水症の対処方法

● 軽症の場合
まずは水分の補給。体液に近い濃度の電解質が含まれていた方が、
速やかに体に吸収されます。ごく少量の塩を加えた水やスポーツドリンクが
おすすめで、10℃前後の冷たいものの方が吸収速度が速くなります。
極端に冷たかったり、味の濃い飲み物は避けましょう。

● 重症の場合
脱力感や眠気、頭痛などを起こすほどの脱水の場合には、病院などで
点滴による水分補給を受けることで早く回復します。
それ以上の脱水の場合には、緊急の処置を受ける必要があります。

■ 脱水症の予防ポイント
 
脱水症は、野外だけに限らずどこでも起こる可能性があります。

● 室内
脱水症の多くは室内で起こります。マンションのように気密性の高い住宅では、
風通しが悪くなり、汗が蒸発しにくく、体温が下がりにくいため熱中症になる危険が。

● 夜間
暑い季節のコンクリート製の住宅では、昼間にコンクリートにこもった熱が夜間に
放熱されるため、気温が上がりやすくなります。
そのため、寝る前に水分補給を控えると、発汗が増えて脱水症になりやすいのです。

● 運転中
窓を閉め切ると風通しが悪くなり汗が蒸発しにくいため、体温が上がりやすくなります。

《 ココがポイント! 》

・汗をかいていなくてもこまめに水分を取る(1回にコップ1杯程度)
・就寝前、起床時、入浴の前後は特に多めに水分を取る
・運動中は20~30分ごとに100~200ml程度の水分を取る
・運動後は減った体重分を補うように何回かに分けて飲む
・外出時は水やお茶を持参する
・野菜ジュースなどの栄養バランスの取れた水分を取る
・スポーツドリンクは糖分が多いため、飲みすぎには注意する(水で薄める)

特に高齢者は、脱水症により血液濃度が高まることで、高血糖状態となり、血液が
固まりやすくなるため、脳梗塞など命にかかわることもあります

夏本番はこれから!脱水症に気をつけて熱中症を予防しましょう。

赤ちゃんは、犬と一緒に育つことで病気に強くなる?

明日から三連休ですが、全国的に雨模様のスッキリしないお天気が続きそうです。

どんよりした梅雨空は、気分も沈みがちになりますね…

しかし、梅雨明けが待ち遠しいのは、散歩に行けないペットも同じ。
わが家の二匹の犬たちも、ストレス解消してあげないと

ところで、犬を飼っている家庭の赤ちゃんは、感染症や呼吸器疾患に
かかりにくい
という調査結果が、アメリカの小児科専門誌に掲載されたそうです。

「フィンランドのクオピオ大学病院(Kuopio University Hospital)が
行ったこの調査は、親が生後9~52週目に健康記録を取り続けた子ども
397人を対象に行われた。

その結果、犬や猫が飼われている家庭の赤ちゃんは、せき、喘鳴(ぜんめい)、
鼻炎などの感染性呼吸器疾患にかかる確率が約30%低く、また耳の感染症に
かかる確率も約半分だった。

研究チームは、『動物との接触が免疫系の発達を助けることで、より整った
免疫反応をもたらし、感染期間を短縮させるのではないか』と推論している。

調査では、感染リスクの上昇が考えられる要因(母親による授乳や保育施設の利用、
さらには親の喫煙や喘息など)を排除しても、犬のいる家庭で育つ赤ちゃんで
感染症を発症する確率が著しく減少したことが確認された。
また抗生物質の投与回数も少なかったという。」

動物アレルギーの方にはおすすめできませんが、免疫力をつけるひとつの方法
として参考になるかもしれません。

ちなみに、猫より犬の方が結果はよかったそうです

以前お話しましたが、免疫には生まれつき持っている自然免疫と、獲得免疫
といわれる抗体がつくられたことによる2つの免疫があります。

子供の頃に砂や泥遊びなどでいろんな菌に感染したり、治ることをくりかえす
ことで、しだいに抵抗力がついていくのです。

犬を飼うということも、同じような理由なのでしょう。

また、犬に限らずペットは、いやしなどの心理的に良い効果をもたらすため、
アニマルセラピーも注目されています。

生活環境がゆるせば、ペットを飼ってみるのもよいかもしれませんよ