今日、近畿地方も梅雨に入ったようです。

しばらくは、うっとうしい日が続きそうでうですね…

梅雨時期は、食中毒やカビはもちろんダニ対策にも気をつけましょう。

特にマンションは、気密性が高いので高温多湿になりやすく、
ダニが繁殖しやすくなります。

ダニにもたくさんの種類がありますが、アレルギーの原因となる
チリダニは、生きているものだけでなく、その死骸やフンも含まれます。

死骸やフンは、非常に小さいので空気中に飛散しやすく、影響が大きいのです。

ダニが及ぼす人体への影響は、「鼻炎・結膜炎・喘息・皮膚炎など」

繁殖しやすい場所は次のような場所。

・寝具(布団、枕、マットレス)
・布製のソファや座布団
・カーペットや畳
・カーテン
・衣類  
・ぬいぐるみ
・布製のスリッパ

また、エサとなる人や動物のフケ、食べ残しなどがある場所は繁殖しやすくなります。

ダニ対策には、次のことにお気をつけください。

換気をよくし、湿度を下げる
 湿度50%以下を維持できると、かなりの割合のダニを死滅させることが
 できるので、換気扇や除湿機を利用し、湿度を下げましょう。
  
ダニのエサをなくす
 髪の毛やフケ、食べこぼし、ペットの毛やエサが落ちていないようにする。

床をフローリングにする
 カーペットはダニの温床になるため、できればフローリングに。

寝具の素材を選ぶ
 羽毛や羊毛の布団は、ダニが繁殖しやすいので避けた方がよい。
 布団は木綿が好ましく、枕は通気性のよいものを選ぶ。
 

また、週に2回以上は掃除機をかけたり、ダニを通さないように布団やマット、
枕にはカバーをし、カバーやシーツの洗濯はまめにしましょう!