そろそろ花粉飛散の季節です!

気象協会から2015年の花粉飛散予測が出ましたね。

ピークは3月ですが、地域によっては2月から飛び始めるようです。
そろそろ対策が必要。

飛散量は例年並みのようですが、昨年に比べると関東から東北地方は多くなっています。
私は花粉症ではないのでわかりませんが、昨年は少なかったようですね…

花粉症の方は、しばらく憂鬱な日々が続きそうですが、飛散情報を参考にして乗り切ってください

飛散予測はこちら
↓  ↓
■ 2015年春の花粉飛散予測

 

がんの登録が義務化される?

先日、関東地方で積雪があったようですが、今日は東北地方で猛吹雪とのこと

まだまだ厳しい寒さが続きそうですね。

流行しているインフルエンザで亡くなった方もいるそうなので、
体力が落ちている方や、お年寄りは十分ご注意ください。

ところで、日本人の死因の1位は「がん」だといわれますが、その割合をご存じでしょうか?

驚くことに、3.5人に1人

ちなみに2013年度の男女比をみると、男性は約33%で女性は約24%。

そういえば、私の親類や知人もがんで亡くなった方がいます…

これだけの数字になると、がん問題は個人レベルでは解決できそうもありません。
そこで国は、2013年に「がん登録の推進に関する法律」を成立させました。

これは、1年後の2016年1月に施行予定になっています。

「がん登録」とは、どのようながんにどれくらいの方が罹患しているかなどの情報を全国から集め、把握するしくみで、すべての病院は、がん患者の情報を都道府県に届け出する義務があり、それを国がデータベース化します。(診療所は希望者について情報収集)

医学が進歩したといっても、年々増え続けているがん。

やはり早期発見が重要

毎年10月は「がん検診受診率50%達成に向けた集中キャンペーン月間」だそうで、検診推進しているようですが、キャンペーン期間に限らず対策に努めたいですね。

 

カリカ石鹸が女性誌で紹介されました!

年明けからインフルエンザが流行っているようですね

センター試験は終わりましたが、これからが受験シーズン本番。
学生さんは特に健康管理に気をつけてください。

さて、先日女性誌の「美スト」(3月号 1/17発売)で、カリカ石鹸が紹介されました。
女優の細川ふみえさんがご利用だとか。

美スト

 

カリカ石鹸の紹介ページ

 

女性に限らず、男性にもファンが多いカリカ石鹸。

さっぱりした洗いあがりがクセになります。

1月末まで、カリカセラピをお買い上げの方にはプレゼント中!

サンクスキャンペーン (カリカ石鹸またはカリカ浴をプレゼント)

お肌のトラブルでお困りの方にもおすすめ

ぜひこの機会にお試しください

農林水産省が「メタボローム解析」を活用

今年も残り2週間!

これから、忘年会や年賀状書き、大掃除、仕事納めとアッいう間に終わりそうです

みなさんはいかがでしょうか

ところでメタボローム解析という言葉を聞かれたことはありますか?

メタボローム解析とは、分析機器で「生体内に存在する全代謝産物を網羅的に解析すること」
難しい内容ですが、これで食品の成分もくわしく分析できるとのこと。

今後このメタボローム解析を、農林水産省が活用していくという記事がありました。

一部を紹介すると

農林水産省は15日、「メタボローム解析を活用した農林水産・食品分野における産学官連携研究検討会」の初会合を開き、メタボローム解析を用いて、生鮮食品の機能性解明や機能性食品開発を推進する取り組みについて検討を開始した。来年1月9日に開催する次回会合で、推進方針(案)を示す。

メタボローム解析は、分析機器によって生体の代謝活動を網羅的に把握する方法。食品中の成分の調査などにも用いられるようになってきた。農水省は、品種開発や加工食品の加工法への活用を推進する考えだ。加工食品については、乳酸菌や酵母による発酵過程の代謝物質の解析などを想定。製造工程上の成分変動の解明、機能性食品の開発、保存・流通技術などへの活用を目指す方針としている。
Net IB NEWS 2014/12/15 より

(株)済度は、数年前にカリカセラピのメタボローム解析を行っています。
その結果、非常に多くの成分が含まれていることがわかりました。

その一部がこちら
メタボローム解析資料

「カリカを食べると調子がいい」というのは、そのようなさまざまな成分が作用しているのかもしれません。

当店でカリカセラピをお買い上げのお客様や、サンプル請求の方にはメタボローム解析資料を差し上げていますので、ぜひご参考ください

カリカセラピ サンクスキャンペーン!(12月~1月)

明日から師走。毎年の事ながら、年末までは気忙しい日々が続きそうです

当店も通販サイトを運営して満10年。月日がたつのは早いですね。

いつもお買い上げいただいているお客様には、心よりお礼申し上げます。

さて、当店人気No1のカリカセラピ

年末年始にメーカー協賛で、感謝をこめた「サンクスキャンペーン」を開催します!

期間は2014年12月1日から2015年1月31日まで

カリカセラピ100包お買い上げで、カリカ石鹸100gまたはカリカ浴6袋。

カリカセラピ40包お買い上げで、カリカ石鹸30gまたはカリカ浴3袋をプレゼント!

プレゼント商品はショッピングカートでお選びいただけます。

ご注文はこちらから→ カリカセラピの注文ページ

もちろん増量セールも継続!

カリカシリーズで、厳しい冬を乗り切ってください

くわしくはこちら
↓ ↓
サンクスキャンペーン

 

冬は「ヒートショック」に気をつけましょう

先日、知人が心筋梗塞で倒れたという話を聞きました…

これから寒さが厳しくなると、体には思いもよらぬ負担がかかります。
特に日頃から血圧が高い方はヒートショックにご注意ください。

ヒートショックとは、急激な温度変化が体に及ぼす影響のこと。

人間の体には、環境の変化に合わせて体温を一定に保つ働きがあります。暖かいところでは血管が拡張して血圧が下がり、寒いところでは血管が収縮して血圧は上がります。このため、急激な温度変化にさらされた場合に、血圧や脈拍にも急激な変化が起こり、ヒートショックと呼ばれる状態をおこすのです。

脳梗塞や心筋梗塞などの疾患になる危険性があり、驚くことにヒートショックが原因で亡くなる方は年間1万人以上という話も

ヒートショックの影響を受けやすいのはこんな方

● 65歳以上の方
● 高血圧・糖尿病・動脈硬化などの病気がある
● 肥満気味である
● 睡眠時無呼吸症候群など呼吸器官に問題がある
● 不整脈がある
● 自宅の脱衣所や浴室に暖房器具がない
● 熱いお風呂が好き
● お酒を飲んでから入浴することがある

おもに入浴時に発症するヒートショック。次のようなことにお気をつけください。

ヒートショックを防ぐ入浴法

● 脱衣所に暖房器具を置くなど、入浴前に脱衣所を暖かくしておく
● 服を脱ぐ前に浴室の床や壁に温かいシャワーをまくなどして、浴室を暖めておく
● 湯船に入る前に、手や足といった末端の部分からかけ湯をして、徐々に体を温めていく
● 40度程度のぬるめの湯でゆっくり体を温める
● 心臓病や高血圧の人は、半身浴にし、肩にお湯で温めたタオルをかける
● 入浴時間は、ほんのり汗ばむ程度にする
● 湯船から出るときは、急に立ち上がらずにゆっくりと立ち上がる
● 飲酒後の入浴は避ける
● 入浴の前後にはコップ1杯程度の水分を飲む

ちなみにヒートショックは入浴時以外に、トイレでもおきやすいと言われます。ご家族に高齢者や高血圧、糖尿病などの方がいる場合は、トイレ内を暖房器具で適度に温めるなどの対策をされてください。