2009年 7月 の投稿一覧

胃腸薬は症状ごとに選んでいますか?

今週末から8月ですね、いよいよ夏も本番です

汗をかいた後に飲む、キンキンに冷えたジュースやビールは最高ですが、飲みすぎはお腹をこわす原因に。

もしかして、胃腸薬のお世話になっていませんか?

ひと口に胃腸薬といっても、目的に合わせて数種類あるそうです。

食欲増進や消化不良を改善する健胃薬、消化を助ける消化薬、胃酸の分泌をおさえる制酸薬などに分けられます。

一般的な総合胃腸薬には、これらの成分が少しずつ含まれているそうですが、症状がはっきりしているなら、目的にあったものを服用するのが効果的です。

胃酸が出すぎているのに、健胃薬を飲むと、さらに胃酸が出てしまい、逆効果になる場合もあるとのこと

できれば胃腸薬を使うときには、薬剤師さんなどに相談して、症状にあったものを服用しましょう。

ちなみに、夏バテなどで疲れがたまって食欲がないときには健胃薬、食べすぎ飲みすぎなら消化薬、空腹時のムカムカや痛みには制酸薬を選ぶとよいそうですよ。

※予防医学学術刊行物「ほすぴ」参照

紫外線を浴びていますか?

この季節、紫外線対策にお悩みの方も多いのでは

紫外線は、5月から8月がもっとも気をつける時期だといわれます。

紫外線と聞けば、「シミや肌荒れ」「老化」「皮膚がん」「目の疾患」など、マイナスイメージばかりが思い浮かびますが、とても大切な働きもしています。

それは「カルシウムの代謝」。

カルシウムは、骨を作るのに必要なものですが、だた食べればよいというものではありません。それが腸から吸収されて、血液まで取り込まれるためには、ビタミンDの働きが必要です。

このビタミンDも、活性型ビタミンDでなくては骨を作ることができず、サプリメントや食事から摂取したようなビタミンDは、不活性なビタミンDといわれ、これを活性させるためには、日光にあたること、紫外線が不可欠なのです。

特に育ち盛りのお子さんは、丈夫な骨を作るためにも外で太陽の光を浴びることが必要です。

サングラスや帽子で、UV対策をしていても効果はあるそうですから、女性の方も外出する機会を増やすようにしたいですね。

夏はおしっこの色に注意しましょう

7月に入り、博多は山笠気分が盛り上がっています。
山笠が終わると、いよいよ夏本番です。

夏は海やプールで泳いだり、山でキャンプなど楽しい行事が満載で、ワクワクする季節ですが、熱中症の予防もお忘れなく。

熱中症にならないためにまず気をつけることは、水分不足にならないことです。

一般的に成人の方だと、一日に必要な水分補給量は約2リットルだといわれます。
食事などで1リットルほどは取れるので、残りをこまめに補給する習慣をつけましょう。

特に夏場は、水分が消費されるのが早いので、のどが渇く前に水分をとることがポイントです。
 
からだの水分が不足していることを判断するのは「尿」。
おしっこの色を見ればあるていどわかるそうです。

普通尿の色はうすい透明感がある黄色をしていますが、からだの水分が不足してくると、だんだん色が濃くなってきます。

ですから、夏はトイレに行ったら尿のチェックを忘れずに
 
もちろん熱中症は水分不足だけが原因ではなく、ミネラルの不足や睡眠不足などによる体調不良によっても起こりますから、食事や生活習慣にもじゅうぶん気をつけてくださいね