桜の開花宣言が各地で始まったようです。

そろそろ本格的な春の到来ですね

花粉や大気汚染の心配はありますが、天気が良い日は外に出て
体を動かしてみませんか

体を動かすことは、筋肉や骨の健康のためにも大切です。

人間の体には、約200個の骨と、それらをつなぐ約400種類の筋肉があります。

そのような骨と筋肉が組み合わさって、全身のバランスを取っているのです。

しかし、悪い姿勢で生活を続けていると、筋肉の付き方が左右不均衡になったり、
骨格にゆがみが出ることで、健康に悪影響が出ることに

体がゆがみやすい生活習慣とは、次のようなことです。

■ 足を組むクセがある

■ バッグをかける肩が決まっている

■ 床で横座りをすることが多い

■ 寝そべって、ひじ枕でテレビを見ることが多い

■ 食事中は、片方の歯だけで噛んでいることが多い

■ 机の高さが低いため、前かがみで仕事をしている

■ イスに浅く腰かけ、背もたれに寄りかかるクセがある

■ パソコンが机の片側にある

■ ゴルフやテニスなど体をひねるスポーツをしている

■ 電話をするとき、頭と肩で受話器を挟んでいる

■ 運動することがほとんどない

いかがでしょうか?
思い当たることはありませんか。

ちなみに、体のゆがみが原因で起こる代表的な症状とは…

・イライラや集中力の低下

・肌荒れ

・息苦しさ

・冷え性

・便秘・下痢

・慢性疲労

・免疫力の低下

・頭痛

・目の疲れや視力の低下

・肩こりや五十肩

・腰痛

・生理痛

・膝の痛み

・むくみやだるさ

以上のような症状が続く方は、体のゆがみが原因かもしれません。

筋肉や骨が弱くなると、姿勢が崩れやすくなります。

日頃から、軽い運動で硬くなった筋肉をほぐしたり、良質のたんぱく質や、
カルシウムなどをバランスよく取るように心がけましょう。

整体師など専門家のアドバイスを受けることも必要かもしれませんね。